2017/04/01

2013年316京都300km あれこれ乗り越え完走

ImgwiasadnlImgnrra44m7Imgwv7szcmxImgkscp0wsj

今回あれこれ乗り越えました。
大正池までの超ハイペース集団やら、おとぎ峠の長い坂や、関が原までの向かい風区間。
先週の600kmの疲れ。

なによりお昼に注文した亀山名物「みそ焼きうどん定食」のご飯が山盛りすぎて足つきしてしまったこと(お残し)。・・・涙涙

長浜のカレー屋さんは、6時過ぎに売り切れてしまったのですがなんとか、カレーにありつけました。

でも一番大きな峠は、大正池でも、なんでもなく、ゴールまで30kmを切った時に現れました。

急な坂を登っている最中、「バキン!」「あ”!!」という音・叫びとともに、腹ぽんのギアとクランクを留めている五つのピンが同時に撥ね飛びました。
・・・・・・・・どんな力で踏んでるん ? これ2回目やし (^^;

コンビニに辿り着きさえすれば、ありあわせの材料で絶対なんとかするやろーー、

と思ってました。実際、割りばし+瞬着+タイラップ+ガムテープでお手製のファイブピンを留めこみ、走れる状態にしてしまいました。
...
故障発生が21時17分。コンビニで応急修理を終えたのが22時11分。

ゴールは23時52分でした(レシートタイム

Imghikgqhrm普通ギアとクランクが泣き別れした時点でDNFと思います。

それをなんとかした腹ポン凄いなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 南予 600km

はしまなみを通って南予に抜ける往復600kmのコースに行ってきます。(近畿の来年のコース??)

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=1f800e06c9ae...

Imgc2w0ikss別段、試走してくれと頼まれたわけでもなく、スタッフと言うわけでもありません。
ただ、「タンデムで走れる日本初の600kmブルベコースを走ってみたい、面白そう♪」と思っただけです。
それに、4月にフレッシュで400km近くをタンデムで走るというのに未だ200km以上は走ったことがありません。

... タンデムで絶対走れる!!
...
と、思ってはいますが、実際走ったらどうなるか??
今のうちに試しておかないとチームメイトに迷惑かけることになってもいけませんから。

鞆の浦にいくなら、古い灯台を見たかった、絶対そこを通してくれると思っていたんですが、ルート上ではなかったようで、今回は見損ねました。

本番は絶対そこに廻らなきゃ (^^

Imgb9xh6i71_2Imgordgdbknどんどんと進んでいくと、歌戸航路の看板も見えてきます。

でも、ほんとにこんな田舎にあるのかしら。

思っていると突然に桟橋。綺麗な入り江に小さな船がぽんぽんとやってきました。かわいい!

見えている向こう岸までの短い船旅は、美しい景色とローカル色いっぱいでとっても楽しいんです。

これからは、しまなみに渡るなら断然こっち!(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年 02月27日YAKKAYカバー製作記

1_7Imgsq5o8svm3_4

旦那さんのXLという巨大ヘルメットのカバー、涙ぐましくもますますもってアカン方向への努力を重ねています。

使える材料を漁ってみては、「うーん、、、これはこうしたら楽に作れる?使える??」

など悩みつつ、頭の中に展開図を描いてみます。

XLヘルメットインナー用にはこのオイルスキンしか販売されていないのに、旦那さんは、右のツイード(Lサイズまで)がお望みなのです。

Imgvoing7shということで、既存の帽子を分解し、あちこちの布をまとめたり足りない分の布を足して、一晩でここまで。


若干ご所望の右のと異なりますが、それは誤差の範囲ということで(^^

少し可愛らしい感じなのは、タックがたっぷりしているからかな。

それでも一晩でここまで作れるとは・・・・・・・・




・・・・・・・・私って実は器用なんじゃ??(^^;;


と、勘違いしてしまいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年 02月25日なごやかブルベ(暫定) 名古屋200km

1_6Img13n71cduImgg7clw9p9

ゴールスタッフはむねちゃんでした (^^)。
寒いからエスキモーになった上、電気毛布のひざかけもして。
お久しぶりに会えて嬉しかったです♪

数年に一度の寒気団がはいりこんだそうで、どんどんと冷えていくゴール地点、スタッフの皆さま本当にお疲れさまです。

食べたかったあんかけスパも食べたし (^^
紅屋のみそまんも買えたし (^^
名古屋の皆さんにもお会いできたし (^^

風が強くて吹き飛ばされそうでしんどかったし、怖かったけど、それも終わってしまえば、良きかな良きかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年01月17日 R5000みっけ

ランドヌール5000の表彰サイトがあがったと友人に教えてもらいました。

http://www.audax-club-parisien.com/FR/index.php?showpage=384

やった!名前載ってる!旦那さんと連番で。
すっごい嬉しいです (*^^*)

実際ランドヌール5000の人は身の回りに石を投げたら即あたるほど居るけど、いままでで世界中で2000人に満たない人数しか表彰されてないと聞くとやっぱり嬉しいです。

ランドヌール5000とは、以下抜粋

「ランドヌール5000とは、Audax Club Parisienが1961年に創設したもので、認定走行距離が、4年間で合計5000kmに達したランドヌールを称える賞です。受賞者はACPからメダルが無料で贈呈され、ACP発行の「Resultats des organisations」(冊子)で紹介されます。AJも敬意を表して公表します。

必須イベント 下記3項目の認定は絶対条件です。
ACP認定BRM全シリーズ:200、300、400、600、1000km
パリ-ブレスト-パリ ランドヌール1200kmを1回
Fleche Velocioを1回(日本ではFleche Velocio の規定に基いたFleche Japonでよい)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年 BRM113 瀬戸内400km

Imgs0gogshpImgyfqzgfdyBRM113,今年初めてのブルベになります。
高松からしまなみ海道~尾道へ。そして姫路まで瀬戸内をぐるりっと廻る400kブルベに参加。
今治手前で京都の方ともう一人とご一緒になり、4人で和やかにゴールしました。

詳しくはあとで書きますが、皆さんが言うほどは、走りながら酷い状況だとは思ってなかったんですよねえ・・。

「意外と気温が低くならないで助かったよね~(^^」
「うんうn、そうですよね~♪」
「オッケイオッケイ♪」

ご一緒した人たちとの4人パックは、今から思うと驚くほどの脳天気で走り続け、驚くほどの楽天ぶりでのほほ~んとゴールしました。

なんなんでしょね (^^。

焼豚玉子飯に卵3つ乗っているのは酷い状況だと思います。という声や

卵3つ乗っても直径がまだ余っているのは酷い状況だと思います。という声もありました(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日YAKKAYツイード撮影会 かきおこ編

1_52_5かきおこ食べにいくぞ~♪
TANDEMで。
TWEED RUNだよ♪
YAKKAYだし♪

ということで (^^)
ひらまつさんに赤穂で待ち合わせ、写真撮っていただきました。
シャアザク色ミラーレスを背中にかけて、頑張って先行、ばしばしっと撮ってくださるのはほんと有難いことでした。

ありがとうございます。御蔭さまにて無事YAKKAYレポ第三回レポを書けそうです (^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年 11月7日ヤッカイ記

1_42_4使用レポのために日々精進 (^^ <うそ

昨日は ジテツウ専用機 FELT/F45 で。

ヤッカイに合わせてツイードの装束に身を固めてみました~。
如何でしょうか。

2号線に入ると、下ハンなぞも持ってみます。

意外と似合う?? (^^;


と、思ったのですが腹ポンからは厳しいダメだしを食いました。

「小径車やな!明日は小径車で通勤やな!」

3_3小径車で往復60k通勤、いやもう、それ痛勤
娘のだからポジションもでてないし・・。


待って~~~~ぇぇぇぇ!腹ポン!(涙) な痛勤。

でもっ(涙。


この恰好で、神戸旧居留地のビルヂング群の前でポーズを決めるとです!(堅い決意)。


そのためには、なんとしても小径車で行くとです!

三井商船ビルが待っている~・・・・筈。
うん、写真は道行く人にお願いしよっと。ドン引きされる悪寒ですけど(^^;

4_36_2

7_3
やはり神戸は絵になる街ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10/22 砥峰高原ススキライド

1_3
2_3道端にススキが揺れる頃、行きたくなるのが砥峰のススキの原。

一面に波打つススキの穂は、狐の毛皮が光るよう。

金色に輝くすすきの原は、夕日どきが一番美しいそう。ここで夕日を見るのが夢ですが、如何せん7時半には帰らないとガンダムが始まってしまいます~。

「ガンダムまでに帰るから!」娘に言い置いて出かける夫婦。

到着するとちょうど日が傾きかけたころ。ススキも満開の見ごろでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年 10月 九州サイクリング1000km(三日目)

「さ、起きて出かけよか!」

Img2df4ns6xポンの声に目が覚めますが、まだ眠いzzzz。
早くでても昨日みたいに眠くて進まなければ一緒だし、と眠さに負けてもう少し寝ます。

宿を出たのが4時半でした。これがアカンかった (^^;。
ここを3時過ぎにスタートして熊本を一路目指す筈でした。
目指すは熊本9時44分発のSL人吉の発車。

Imgyen9qw2uImg_4ぐはああ~っと頑張って走りたいところ。球磨川ぞいに一路!

夜明けだ! ほいほい、さあ、気を取り直して! (^^) 行くぜべいべー♪

球磨川ぞいの景色はなかなかのもん。ここにSL人吉がしゅぽしゅぽ走っていれば最高なんですけど!

O正規ルートを外れて鉄道沿いに走ってSLを迎撃するべきか協議しますが、それをすると二股五橋のルート沿いまで戻る間にタイムアウトしてしてしまうことに気付きます。

えいっ、ままよ!
今回はSLは見送りですね!(悔)

ということでルートどおり一路緑川流域の種山石工の里である東陽町を目指します。

1

熊本に行くまでの道が妙に迂回しているのは、この石橋群を見せるためではなかったかと私は思っちょります (^^)。
え~?ただの距離合わせでしょうって? いえいえ絶対ちがう~♪
ああっ、でも時間がないっ。石橋公園を横目に、石匠館を素通りの悔しさ。

でも、とうとうやって来ました

Imgpxu95h6k_22_2Imgdw2xg4al二股五橋

.... もう絶対熊本9時40分には間に合いません。

川に幾つかの石橋が分岐して架けられています。

ん? 普通の橋じゃないかって!?

そんなこと言うと、「ええい!無礼者!この橋の良さが判らぬか!?」 などうわ言いうのでご注意あれ (笑)。マニアですから~。

少し前のコンビニで買った、熊本名物ブラックモンブランを食べながら、ゆったりと観賞しました。

ああ、しあわせ・・・・

お!?? (@@)

しかも当たった!! 九〇点ってなにや~!?わからんけど、初めて食べて当たったどーーーっ♪

わらわらと若い人たちや女性観光客が集まってくると、
「最近、ここも有名になったからねえ」と地元の人に教えてくれます。


ふっふーーん (^~^) とうとう石橋の時代が来たということかw

どや顔してたのは大きな間違いでした。
3_2
この橋は2月から10月、30分だけ橋の影が綺麗なハート型になることで有名なのです。なんと、恋人の聖地 なんですと! 

そして、橋の影はみるみるうちに ハート型黒ハートに!

熊本に出るとまずお城へ。

4_25_27_2トンガリ帽子被った人がいる~?! と思ったら加藤清正公でした。

熊本城を見るにはお金払うか悩みますが、
「絶対福岡オダックスはタダで見れるポイントを通すに違いないっっ!」
という妙な信頼(?)が働き、ルートを進むと、やはりそういうポイントが出てきました。

棒庵坂近くから見た熊本の城。 今調べるとこれは小天守らしいです。大天主は清正公まえで見ただけ(右)。

じっくり観光してみた~い、けど、時間がな~い。阿蘇の日が暮れてしまいます。

お昼御飯を探してうろうろしますけど、熊本市内は予習してなかったのでまるで判らず がまん顔

途中で見つけた「大黒ラーメン」が美味しそうなオーラだったのでそこに飛び込みました。

9_2「モツ煮セット」 熊本ラーメンのスープは角のとれた味でした。
揚げにんにくが振りかけてあって、それが香ばしかったです。
モツも美味しい~♪ ごちそうさまでした。ご飯を食べたら元気よく阿蘇へ!

・・の筈が、おなか一杯になると眠くて眠くて時速は16k毎時とかそんなん(^^;。道の駅に飛び込んでクマモングッズなど漁って目を覚まします。

そんなこんなで全く道がはかどらず、阿蘇に登り始めると夕暮れの足音が近づいてきます・・・(超やばい)。
坂自体はそんなキツくはないものの、長くて疲れ気味で、足が重いし冷え込んできます。


阿蘇の外輪山からの眺めが失われてしまうっ、

しかも、夕ご飯には外輪山の「レストラン北山)倍喰丼(17時まで)を予定していたので、補給食を持ってきていませんでした。

ここら一体のお店は押し並べて5時までなので、その先にはレストランも売店もないのです。お腹減らしたまま、夜の阿蘇スカイラインとやまなみを走り、三愛からの寒い激下りを下ることになるとかなり厳しい状況です。

このままではハンガーノックになるなあ、と思いつつ防寒具を取り出して登り途中で着こみました。登りの途中で寒くなるとは想像以上の冷え込みで、心もぞっと蒼ざめていきました。蒼ざめモードで右手を見ると、「焼肉すいげん」というお店。開いている??

ああ!なんでもいい、食べれるところで食べるのだ!と何も知らずに飛び込んだら、とても優しいおばあちゃんと娘さん、可愛い子供が迎えてくれて
「はいはい、食べて行ってね~」
帰って調べたら食べログ☆☆☆☆☆の店でした(驚)。

http://tabelog.com/kumamoto/A4302/A430201/43001400/dtlrvw...

大きなテーブル4つくらいに所狭しと並べられたお料理はバイキングで食べ放題・・・・ええっ、こんなに食べ放題??(茫然。

しかも だご汁 + バイキングで 800円!! 信じられない!!というか申し訳ないっ! 

10_21112_3すみませんっ、兎に角1000円以上お支払させてくださいませっ、と焼肉バイキングをお願いしました >1200円。

そしたら「じゃ、冷蔵庫にお肉あるから、好きなだけ取って焼いてね♪」とロースターに火をつけてくれました (あり得ないっ)。
とりあえず第一陣。
13_2手前の汁物は 馬肉と大根の煮物です。。美味しかったです。

ダンゴ汁(真ん中)は、お野菜もたっぷり。栗ようかんも手作り、ほろっと甘くて美味しかった。
フルーツポンチのシロップも手作りでリンゴやら入った汁ごと食べると体に良いものが沁みわたるのを感じました。

食べ終わる頃には体も心もほっこり癒され、さあ、元気に登り切るぞ!

「おばあちゃん、全部のお皿食べたかったけど、半分も食べれへんかったのが残念!美味しいかった!」というと、
「これ、持って行きなさい。山で採れた栗やから小さいけど (^^」

と茹で栗と小ぶりなおみかんをいくつも持たせてくれました。
14_3
心にじーーーーんんと沁みました(涙)。

窓の外には 新鮮なお肉の元 も見えて凄い店でした・・・

走り出すと脚が軽い!

夕暮れてきました。

16_215_217
早く早く

カルデラが見えてきました!

良かった。間に合った。

「阿蘇も見れたし、来て良かったねえ・・」すっかり夫婦でしみじみモード。わが青春に悔いなーし! <意味不明(笑)。

そんな感じで暮れゆく阿蘇を走りました。

そしてやまなみハイウェイでとっぷりと日が暮れます。三愛まで登ったりおりたりで、うんざりしますが、信号が見えてきたら三愛レストラン道の駅(?)。
おトイレ、自販機もありここで下りに備えて雨具を着こみます。

とうとう、905km地点です。 あと100k!ここからは一気の下り!下りエネルギーの有難さを満喫しつつどんどん距離を稼ぎます。

寒い!

日田まで降りてコンビニで休憩します。あと50k

もう残り少ないなあと寂しいような、「こんなに遅くなるとは誤算だった」とも。

996.7kのPC10。 レシートは零時55分。
フィニッシュ 天拝山駅6キロ先の クローズは3時

レシート集めたサイクリングも無事終了に近づきました (^_^)

あとは、駅方面に宿を探して走ります。

駅で写真を取り損ねたのは、ご愛敬、許してください。

代わりに駅の裏の ラブホテル の写真を大公開!(笑) <こらッ

その名もホテルアンアン

まず自転車を駐車場にくくりつけて入口に進みまーす。

2021パネルから部屋を選びます。
値段の違いは判りません~・・・・。兎に角安いとこ (^^

ぽちっと押すと、自動的に廊下に点滅ライトが誘導を始めますw。
やや、あやすぃ~ 冷や汗2

真剣に部屋選びをするシュペールらんどぬーるの図、ちょっと可笑しいですね 失恋

部屋はこんな感じ。とうぜんっ、ダブルベッドです うまい!

22_2何か食べようと思ってフロントバックを自転車に付けたままだったのを思い出しました。取りに行こうとすると、ドアにカギが掛ってるじゃ~あ~りませんか?! フロントに電話しないと中からは開けられない仕様とか冷や汗2
どういう仕様でしょ (^^;

フロントに電話してカギを開けてもらい、やっとオヤツげっと。

順番にお風呂に入りながら(当然、お風呂はスケスケです~)、オヤツもモグモグ。

そして正規用途とは関係なくバタンQ~と寝てしまいました。

翌朝一番の電車と新幹線で神戸に帰りました。そのまま事務所に出て、そのままお仕事に突入でした (--;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«九州サイクリング1000km(二日目)